やっぱり・・・

マイクロソフト、Windows 8.1のパッケージ版を10/18発売

日本マイクロソフトは、最新OSの「Windows 8.1」のパッケージ版を10月18日より発売すると発表した。

「Windows 8.1」は、「Windows 8」のアップデートとなる最新OSで、スタートボタンが復活したデスクトップ画面や、SkyDriveの標準搭載によるクラウド連携の強化、Windows ストアの操作性の向上など、数多くの改良が図られている。

なお、Windows 8のユーザーは、10月18日の午後8時よりWindows ストアから無償で「Windows 8.1」へアップデートすることが可能だ。今回の「Windows 8.1」のパッケージ版は、Windows 7からのアップグレードや、新規インストールによる「Windows 8.1」の利用を希望するユーザーに向けて提供される。また、「Windows 8.1」のパッケージ版発売にともない、2013年10月末で同社からのWindows 7のパッケージ版の出荷が終了となる。

「Windows 8.1」のパッケージ版は、「Windows 8.1 Pro」「Windows 8.1」「Windows 8.1 Pro Pack」の3種類のエディションを用意する。

「Windows 8.1 Pro」は、すべての機能を搭載した最上位エディション。Windows 8.1のすべての機能に加え、ドメイン参加による会社のネットワークへの接続、リモート デスクトップ、BitLockerを使ったドライブを暗号化によるデータ保護など、より強化された機能が搭載されている。同梱メディアは、32bit版DVD-ROMと64bit版DVD-ROM。市場想定価格は25,800円(税抜)。

「Windows 8.1」は、一般のユーザーや家庭向けのエディション。使い慣れたデスクトップ画面に加えて、よく使う機能をスタート画面にまとめて、アプリやファイルにすばやくアクセスすることができる。同梱メディアは、32bit版DVD-ROMと64bit版DVD-ROM。市場想定価格は13,800円(税抜)。

「Windows 8.1 Pro Pack」は、「Windows 8.1」から「Windows 8.1 Pro with Media Center」へアップグレードできるエディション。「Windows 8.1 Pro」の機能に加えて、Windows Media Center でテレビの視聴や録画も楽しむことが可能だ。なお、利用するにはパソコンに「Windows 8.1」がインストールされている必要がある。パッケージには「プロダクト キー」のみ同梱される。市場想定価格は12,800円(税抜)。




Win8が超使いにくいから、何か動きが有るだろうと予想はしていました。

でも先日のios 7.0.2 の件も有るから、アップデートは少し様子を見てからの方が良いのだろうか???



コメント

非公開コメント