FC2ブログ

経年劣化・・・

品名を伏せて記事を書こうと考えたけど、意思が伝わらない気がしたので品名を明かします。

先日、ネットオークションでPPPAのHilux RZN152 E-CAB用マフラーが出品されていました。
セミステンと言うタイプが有った旧モデルの品です。
古いモノだと販売から10年程は経過しています。


何ヶ月か前に、「マフラーのタイコ内の劣化で排気音量が大きくなって車検が難しいかも?
何か対策は有りますか?」とのお問い合わせを戴きました。

回答は下記の通りです。
お買い上げいただいたマフラーの製造元は廃業されました。
また当方には対応出来る知恵が思い浮かびません。

マフラーの製造元が現存していればタイコ部分だけど取り寄せる事も可能だったかもしれません。

マフラーの劣化は当然有りますが仕様環境、使用時間によって異なります。
既に音量が大きくなっているモノやスティール部分に錆が発生しているモノも有るでしょう。
それらの事を考慮し十分に検討されてから入手を検討されたら良いと思います。
オークションのスタート価格(定価以上)と落札価格には少し驚きました。


こちらのマフラーは製造元も新たなNewタイプです。
恐らくですが、以前の物より少なくても1.5倍は対応年数が有ると思います。
2018-07-29a.jpg
販売終了としていますが、ご注文の数がまとまれば生産は可能です。


余談ですが、ネットオークションでの購入時期や使用期間は半分は信じない方が良いと思います。
見てて、「嘘つくなよ!」って思う時が時々有ります。

コメント

非公開コメント