FC2ブログ

普通に考えて・・・

下記の画像と青文字の文章はSNSで拾って来ました。
12376654_1056938221056903_5585414504923520151_n.jpg
コーヒーフレッシュは、サラダ油に水を混ぜて白濁させ、ミルク風にしたもの。
そこまではまだ食べ物の組み合わせだからいいのですが。。。


しかし、普通の状態では水と油は混ざらない。そこで乳化剤という名前の界面活性剤を用いてミルクらしく乳化させる。さらにこのままではミルクらしいトロミがない。だから増粘多糖類(一例ではキサンタンガムですが、それはグリセリンを菌が分解したもの)を加えているのである。仕上げとしてはカラメル色素を加える事でほんのり茶色にしていかにもクリームらしい色合いにする。更には長期保存のためにph調節剤を加え、香りのために香料も追加する。こんなケミカル・添加物のてんこ盛りの液体を「ミルク」と言って売っている。

実際にコーヒーフレッシュの袋の添加物表示をみると
植物性油脂、乳化剤、増粘多糖類、ph調節剤、着色料、香料…



これらの事は以前から随分と言われていますね。
なので自分の場合、記憶に無いほど前から使って無いです。

普通に考えてミルクの賞味期限があんなに長いワケが無い・・・

コメント

非公開コメント