低温調理

最近、時々ですが炊飯ジャーを使って低温調理をします。
最初は鶏胸肉で作りました。
高い温度で調理するから胸肉が硬くなるんで、低温調理だと硬くなりません。


2回ほど鶏胸肉で作って、前回からは豚バラ肉で作っています。
2017-08-31a.jpg
前回は塩が足りなかった(^_^;)
今回はブラックペッパーを入れ忘れた(笑)
白くて丸いのはニンニクスライスです。

調理前に下味を付ける為、ジップロックに入れてから一晩冷蔵庫で寝かせます。
翌朝、炊飯ジャーに入れて沸騰させた湯を肉が完全に浸かるまでタップリと入れます。

で仕事が終わる夕方まで保温。
先日、シェフの友達にこんな話をしてたら、
「ちゃんと熱を入れて殺菌しないとダメっ」て言われました。
平均的な炊飯ジャーの保温温度は70℃は有る様です。
温度的には問題は無いので時間です。
本当は食中毒防止の最低基準温度は75℃程度と言われているらしい。
9時間以上も保温しているので無問題だと思う。
と言うか、長時間加熱し過ぎ(^_^;)

画像は昨日にジャーから取り出した時に撮りました。

ジャーから取り出して、冷めたら一晩冷蔵庫で寝かせます。

沢山出たドリップにも旨味が出ています。
なので、この肉を食べる時のソースのベースに使っても良いらしい。
僕は次回にカレーを作る時のスープに使う為に冷凍しようと思う。

今夜、この肉を食べるワケだが、どうやって食べるか決めて無い。
だけど楽しみ♪
何とかって言う調理法で150℃の鉄板でサッと表面を焼くと美味さが増すらしい。

今夜、食べる時は撮影はしません(笑)

コメント

非公開コメント