ようやく行けました!

13日(月)の事です。
2017-03-16a.jpg
山方面は花粉で危険なので海方面を攻めました。


と言っても、道中は山ばかりなんですが(^_^;)
久々でも無いし、買う物も無いのですが能登食祭市場へ寄るのはお約束?

久々にJR七尾駅前にも行ってみました。
2017-03-16b.jpg
昔は和倉方面に行くには駅前を通ったんですが、いつの間にか新道が出来て
駅前は通らなくなったので久々の七尾駅前でした。

しかし、前にも書いたけど富山市と七尾は凄く近くなりました。
以前は海沿いの景色の良い道を走って走って行きましたが、
今では山の中の能越自動車道(無料区間)をビュンと走れば以前の半分ほどの時間で行けます。
富山にも海は有りますが、能登半島の景観は新鮮に感じます。

何処へ行っても花粉がヒドイので今回は露天風呂をパス!
2017-03-16c.jpg
昭和レトロな雰囲気が漂います(笑)

以前に気になっていた、ココへ行きました。
2017-03-16d.jpg
2015/09/08のBlogに書いています。

こんなタイミングでも無ければ中々行けません。
雪道の長距離はパスしたいし、温まる湯の様なので温かい時期はパスしたいとか思っていたら
約1年半もの間が空いてしまいました。

館内も兎に角昭和な雰囲気が満点です。
2017-03-16i.jpg
入る時に勝手口?から偶然に主人が出て来られて、一緒に玄関に入りました。
「お風呂をお願いします」と言うと、「500円です」と。
「どちらから?」と聞かれたので、「富山市からです」と答えたら驚かれたご様子。
「なんで知りました?」と聞かれたので、咄嗟に「インターネットで」と答えました。

確かにインターネットで下調べはしましたが・・・、
本当は「道路沿いの看板を見て以前から気になっていました」が正しい回答なのです。
面倒だったので(^_^;)

ここも勿論、昭和でした。
2017-03-16g.jpg
キー付のロッカーなんて有りません。
体重計も温泉成分の為、錆びていました。

3人分の洗い場と3人くらいで限界な感じの湯船。
2017-03-16f.jpg
湯の花が有りました。
若干の濁りと塩分有り。
加温と循環有りです。
2017-03-16e.jpg
天然ラドン温泉と言う事でしたが、温泉成分が濃い感じがしました。

休憩所もレトロ。
2017-03-16h.jpg
こんなマッサージ器なんて昭和博物館にでも行かないと見れませんよね。
コンセントが抜けていましたが壊れているんでしょうか?(笑)

下の駐車場に有った小屋の中にも昭和なMR2が佇んでいました。
2017-03-16j.jpg
コンクリート フロックに載せて有りました。

来た道を戻らずに細い道をすすんだら、こんなキレイな所に出ました。
2017-03-16k.jpg
上の画像は能登島沖方面で下側は富山湾方面です。
肉眼では薄くですが立山連峰が観えました。

湯川温泉 龍王閣
感想は star_m35.gif星3.5です。
築40年ほどは経過してそうですが、キレイに保たれていました。
帰りは女将さんがご丁寧に見送ってくれました。
また機会が有れば!

場所はココ!

国道160号線から入ってクルマで10分位は走りました。


帰宅後、自宅庭の梅の木の花が満開だったのでパチリ。
2017-03-16l.jpg
既に酔っていたので、ブレが心配でしたが何とかブレずに撮れました。
2017-03-16m.jpg
と、言うのも強力な手振れ補正機能の有るカメラで撮ったからです。
まだ、このBlogでは紹介していないカメラです(^_^;)

コメント

非公開コメント