世の中は狭い!

先日、東京在住の友達のマサキチから電話が有りました。

先日に開催されたYOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2015
良く知っている人がクルマをエントリーしてアワードを取ったと言う事でした。

しかも・・・


Best Dream Machine
Fly Wheels Magazine’s Pick
John D’Agostino Surprise Award のナンとトリプルアワード!

1960 Cadillac
35-105-106-IMG_3843.jpg
画像はMOONEYESのWeb Siteから拝借してきました(^_^;)

面白いクルマを作るなぁ~と言うのが印象です。
制作過程の画像も沢山見ましたが、勿論、クオリティーも高いです。
Facebookで見掛けたのですが、関係者の記念撮影に千葉のA of W のスズキ社長も写っていました。
関係は分かりません(^_^;)



他には、BEST KUSTOM アワードを受賞した 50merc ”Oxblood”
08-DSCN0538.jpg
制作したのは、EL CLASSICO FIT - KUSTOMS

このFIT - KUSTOMSには以前にBlogで紹介した事が有ると思うRyuちゃんが務めています。
Ryuちゃんって言うのは、僕の娘の友達のダンナ様なんです。
ご夫婦で何度か来店して貰っています。

Facebookでも制作過程をUpされていたけど、兎に角半端じゃ無い作り込みです。
寝てる時間は???って感じのハードワークです。

でっ、これは以前にRyuちゃんから聞いていた話なのですが、
このMercuryの内装張替え全般をしたのが
埼玉県の僕の知り合いのShopさんの息子さんが内装屋さんをしているんです。
Ryuちゃんとは若い頃からのクルマ仲間だと聞いて、世の中の狭さに更に驚きました。


ナンとこのMercuryは、年明けにアメリカで開催される G.N.R.S. ことグランドナショナルロードスターショー に
エントリーが受理されて海を渡ってエントリーすることになったそうです!

G.N.R.S.はとても格式の高いショーです。
しかも日本からは初めてのエントリー!
どんな扱いをされるんでしょうか???



今年で24回目の開催だったHCSですが、当時とカスタムのレベルは雲泥の差と言う言葉では言い表せない。
外国人の来場者の多さが物語っていると思います。
車輛制作に費やす費用も雲泥の差だと思うし・・・

コメント

非公開コメント